なお: 2014年3月アーカイブ

今は頭の中身がぼけてしまって子供の友達もその親の顔も
ほとんど覚えられない私ですが、
以前医療機関で仕事していた時はちょっと自慢できるくらい
患者さんの顔とその名前をきっちり憶えてました。
実際、上司に褒められるくらい覚えていたんです。
何年も前に診察に来た患者さんの名前とかその内容とかを。

ところが、以前息子が診察に通っていた小児科の医師が
驚くぐらい覚えてないんです。
それが普通なのかと思っていたんですけど、それ以降にかかった
小児科の医師はカルテを見ればある程度思い出すみたいな感じでしたけど
本当にその医師は全然覚えてない様子でした。

だから毎回同じことを言うんです。
名前に関しての事とか、だから強くて泣かないんだなみたいな事を。
これだけ別の事を色々話しているんだから少しぐらい記憶の端っこに
ひっかかってもいいんじゃないかと思うんですけどね。
見事に引っかかってなかったみたいですね。

あとで同じ小児科にかかったことがあるお子さんを持つ
お母さんに聞いてみたらいわゆる「そういうお医者さん」認識だったみたいです。
つまり、普通の風邪程度なら空いているそこのお医者さん、
それ以外にちょっと難しそうな事があると混んでいる別のお医者さんに
かかるといった具合に使い分けていたそうです。

本来なら同じ医師にかかって診察の記録を
まとめた方がいいみたいなんですけど、混んでいるなどの
事情を考えるとそうしたくなる気持ちもわかります。
空いていても、患者の名前と顔が一致しないっていうのも
あまり診察受けたくないっていう気持ちもわかります。

一日に沢山の患者さんを診ているのはわかるんですけど
何度か通っている患者の顔くらいは覚えていてほしいものですね。

最近では医師求人サイトなるものhがあるみたいですね。
小児科医でも転職を繰り返す人も多いみたいです。

エステサロンに勤めている友人の話では、エステのお客さんの看護師率ってかなり高いんだそうです。看護師の募集も多いし景気がいいのかな?ww
聞いてみるとやっぱり仕事での疲労は、肉体的にも精神的にも大きいんだそうですよ。
さらに、看護師のお客さんはエステのコース設定もかなり豪華にされるという話も聞きました。
自分へのご褒美として、高いエステ代を払っている人も少なくないんですね。
看護師というと、やはり夜勤があるために不規則な生活になりがちですよね。
長時間空調の効いた病院内で、1年中休まず仕事をしていると肌の乾燥具合もひどそう・・・。
体系が崩れることや肌荒れするリスクも多いかもしれません。
それをエステで補おうとするのは女性として当然なのかもしれませんね。
確かに、毎日忙しく働いているはずの看護師さんでも、キレイな女性は多いですよね。
看護師さんは女性の憧れというか、多くの女性が目標とする理想像みたいなイメージもまだまだあります。
中には、夜勤中の仮眠さえも化粧を落として寝たり、仕事中は一切メイクをしないなど工夫している人も。
とにかく余計な負担をかけないようにすることも、彼女たちの美容らしいですよ。
お金と努力、両方で美を保っているのかと思うと、かなり頭が下がりますね~。

2月の話題といえば、なんと言ってもソチオリンピックですね!

ところでソチってどこにあるんだっけ?・・・なんて開幕直前に気になって調べたりした薬剤師です(笑)。
最初の方はメダルが期待されていた選手たちが次々敗退し、メダルはどうなってしまうんだろう・・・と心配になりましたが、その後少しずつではありますが着実にメダルの数を増やしていきました。
やっぱり特筆すべきは男子フィギュアですよね!
日本人初の金メダル、ホントやりました!
スノーボードもすごかったし、後半もいろいろありました。

日本時間の夜中にやる競技が多かったので、ほとんどリアルタイムでは観ることができませんでしたが(涙)。
薬局では後輩薬剤師が寝不足をおして頑張って観たようです(汗)。

このアーカイブについて

このページには、なお2014年3月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはなお: 2014年2月です。

次のアーカイブはなお: 2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク