なお: 2013年10月アーカイブ

暑かったり寒かったり、かと思うと台風が連続で発生したり・・・なんだか落ち着かない天気が続きますね。

 

この前の週末の台風は、本島上陸とはならずに済みましたが、大島をはじめ離島の方々にとっては大変な日々だったと思います。

もうこれで台風も落ち着いてくれるといいですね。

 

ところでそろそろインフルエンザの予防接種が始まりましたね。

うちの薬局近くの病院でも接種開始したようです。

今年は流行はどんな感じかな~?

あんまり流行らないと薬剤師としては助かりますが(笑)、でも薬剤師でなくてもやっぱり流行らないに越したことはないですね。

 

自分も早めに予防接種受けに行こうかな?

この前、けっこう安くで予防接種受けられる病院を見つけたので、偵察がてら?行ってみます!


あと最近リクルートがやってるリクナビ薬剤師に登録してみました。

転職もしっかり考えていかないといけないんですがねえ・・・

派遣という働き方自体、随分前に、派遣に関したドラマが放送され、人気を集めたものですが、派遣に関しては、ネガティブなニュースも非常に多いです。
そのドラマの放送当時は、あけんという働き方が、格好よく見え、人気も高まりましたが、派遣という働き方自体、そもそも現状は、大変厳しいものとなります。

派遣のドラマの中でもあるように、派遣という立場で働くという事は、かなり厳しい立場を強いられます。
また、あくまで派遣は正社員ではありませんから、地に足がついていないばかりか、収入自体も安く、尚且つ重労働を課せられる事となり、当然正社員にも相手にされないという日々を送る事が想定されます。

そんな、派遣事情ではあるものの、実際薬剤師の方が、派遣薬剤師と働く場合は、どのような扱いになるのか?
薬剤師自体、そもそも専門職ですから、通常の仕事よりは、やはり、人を選ぶ仕事を増させられる場合が多くなる事は確かです。
その点からしても、ある程度は、優遇されるのではないか?という考えをお持ちになる方も多いと思いますが、実際の派遣薬剤師には、そうした傾向が一切見られません。

実際、派遣薬剤師として働くとすると、薬剤師の資格を取得し、派遣社員になること自体、その資格を持つ人材を必要とする企業への派遣となります。
したがって、そこではやっぱり、他職業における派遣同様な形になる事が想定されるのです。
今では、かなり派遣薬剤師の存在も増えてきているといえるものの、実際派遣薬剤師として働く薬剤師さん自体、さほど多いとはいえないのです。

実際、薬剤師の現状として、全国的に見ても、薬剤師が仕事に困るという傾向なわけではなく、派遣として働かなくても、正社員として働く事ができますから、あまり派遣薬剤師が存在しないと言えますが、薬剤師の人口が増え続け、以前ささやかれたような、飽和状態、失業時代が全国的に到来するとすれば、薬剤師としても就職難に陥り、仕事を確保すべく派遣という形で働く事を選択しなければいけなくなりますが、現段階では、仕事がなくて困る、というのは、ごく一部に限りの事なので、派遣薬剤師としての必要性も高くないと言えるでしょう。

しかし、中には、ライフスタイルに合わせた、薬剤師職を選び、生活に合わせた仕事をする事により、派遣薬剤師をあえて選択し、派遣薬剤師として、働いておられる薬剤師さんも存在しますので、一概に、派遣薬剤師は厳しい、収入が少なく、勧められない働き方であるとは、いえません。例えばCRC(治験コーディネータ-)の派遣はこんな感じです。

このアーカイブについて

このページには、なお2013年10月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはなお: 2013年9月です。

次のアーカイブはなお: 2013年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク