なお: 2012年11月アーカイブ

昨今は、時代が流れるとともに、すべてのものが進化し、薬剤師もまた、ITスキがなければ、仕事すらできない時代となっています。
電子薬歴、在庫管理システム、調剤業務に関する機械化等、業務を効率よく行い、調剤における安全性を高める上でも、この薬剤師におけるITスキルを身につける事が必要です。

そんな使いこなす事が必要となるITスキルできるが、薬剤師とプラスになりえるパソコンツールとは、一体何か?

薬局業務支援ソフトには、色々な機能がパッケージされています。
そんな機能とは、後発医薬品を調剤した際に、処方医向けの情報提供書を作成し、ヒヤリ・ハット事例を記録する事ができます。
また、一般医薬品の説明文書を登録&印刷し、薬局従業員の研修記録又は、研修計画所等を作成する機能がパッケージされています。

こうした機能を活用することにより、薬の飲ませ方等を書いたお薬手帳シール等がありますが、その場合も30種類以上近くある、シールを活用し、薬の副作用であるとか、一口メモ等を記せるシール手帳を利用し、30種類のシールは、患者さんに合わせた情報を提供する事ができます。

ハイリスクな薬管理指導チェックシートは、漏えいなくチェックし、指導を充実させるためのツールとなり、患者さんに確認や説明すべき点が、薬効群ごとに小さくまとめられ、薬剤師が患者さんの話を聞きながら記入をする事ができます。
又サプリメントの注意事項一覧というものは、薬との相互作用及び疾患への影響が一目でわかる事となるツールですから、大いに役立つものとなります。

最近は、サプリメントを利用される患者さんが急増している事から、薬剤師にとっては、薬と異なり、情報が乏しいものとなりますから、サプリメントの注意事項等を一覧としたツールとなるわけです。
この他にも、外用剤の使用方法における説明のツールもあり、点鼻剤もしくは、点眼剤等による外用剤等は、特殊な容器に入っている事が多いですが、慣れない場合は、使用方法も理解しづらいため、高齢者では、使用方法を忘れる、覚えられない、握力が弱い等ということもあり、きちんと利用できないケースも多々あります。

そんな場合を想定し、薬剤師による十分な指導と患者さんの理解度を確認する意味により、患者さんへの説明ツール、指導のポイントを示した薬剤師用の指導支援を目的としたツールも備わっています。
このようにITスキルを備えることにより、こうした役立つ機能、ツールを使いこなし、薬剤師の業務が、効率化する事につながります。製薬会社の薬剤師さんはコチラのサイトもご参考ください。ITスキルアップについてもまとめてあります。

突然ですが、薬剤師という仕事知っていますか?
周りには案外知られていないようです・・・。

知り合いに聞いてみたら、病院の横に併設していて、診察後などに、処方箋をお医者さんから渡されて、その薬剤師さんの要る場所に持っていくと、その処方箋に沿って、様々なお薬を用意してくれるというお仕事が一般的かな?と言ってました。
まあそこまで知られているならいっか~(笑)。

お医者さんという仕事はあまりにも有名で、知らない人はいないと思いますが、案外薬剤師も医者だと思っている人もいるようです。
その仕事内容は全く違うものなのですが、なんとなく薬剤師って遠い存在?

そんなことないですけどね~(汗)。
薬剤師も患者さんにとって身近な存在になりたいもんです。

このアーカイブについて

このページには、なお2012年11月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはなお: 2012年9月です。

次のアーカイブはなお: 2012年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク