なお: 2012年4月アーカイブ

【ドラッグストア 求人】

このような調剤するための薬局は、ほとんどが病院近辺にあり病院の専門別でクスリの調剤の方法も目的も変化します。
例えば耳や鼻の専門や内科での診療など専門的な医院近辺の調剤薬局の場合専門の病院からの取扱い調剤薬の種類は少ないほうです。
その逆で総合病院前の調剤する薬局のパターンでは数多くのクランケがきますから、取り扱っている薬のパターンも多くなるのです。
患者にとって、自宅の近所の調剤薬局は、大手の医院の薬局よりも待つ間が少なく時間のロスタイムがすくなくなるのです。
その外、掛かり付けの薬局を決定しておくと、処方された薬がクランケにとってあっているかどうか、懇切丁寧に説明してくれるので、より個人的な状態に合わさった細分化されたサービスを得られると思う。
薬剤師個人としては働く時間や仕事をする量に対しての重圧も少ないといえるのです。
ただ、例外的な医院の付近の調剤をする薬局の場合毎日取り扱う調剤の種類は限られますので、自分の薬剤師である経験面ではそこまで自分のためになりえる事は多くないといえると思います。

事故だったのか?今は少し違う見方が出てきていますよね?

先週くらいだったでしょうか?
京都の祇園での「てんかん」の患者さんによる自動車の暴走事故・・・。
かなり痛ましく、最初に聞いたときは何年か前の「秋葉原殺傷事件」の様な無差別なものかと思いましたが・・・。

普段の薬剤師業務でもかかわりの深い「てんかん」。
実は日本には100万人もの「てんかん」の患者さんがいて、「精神分裂病(統合失調症)」「躁うつ病」「てんかん」の三つが「三大精神病」とも言われてきましたしね・・・。
今は、以前よりも、てんかんについての理解も進んでいますし、色々なことがわかってきました。
例えば脳の異常な電気的問題によって起こるものだとか・・・。

どちらにせよ、てんかんの患者さんの運転規制強化もまた起こるのでしょうか?

話題にも出しました薬剤師ですが、薬剤師にもいろいろな種類があって
中には認定薬剤師という職業もあるのですよね。
どのようなものか調べているうちに、認定薬剤師の転職についてなどの記事も目にしたりしました。
薬剤師の転職というのも今はネットなどから見つけることができるんだなと思いましたね。

このアーカイブについて

このページには、なお2012年4月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはなお: 2012年3月です。

次のアーカイブはなお: 2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク