なお: 2012年3月アーカイブ

CRO 求人

このような調剤するための薬局は、ほとんどが病院近辺にあり病院の専門別でクスリの調剤の方法も目的も変化します。
例えば耳や鼻の専門や内科での診療など専門的な医院近辺の調剤薬局の場合専門の病院からの取扱い調剤薬の種類は少ないほうです。
その逆で総合病院前の調剤する薬局のパターンでは数多くのクランケがきますから、取り扱っている薬のパターンも多くなるのです。
患者にとって、自宅の近所の調剤薬局は、大手の医院の薬局よりも待つ間が少なく時間のロスタイムがすくなくなるのです。
その外、掛かり付けの薬局を決定しておくと、処方された薬がクランケにとってあっているかどうか、懇切丁寧に説明してくれるので、より個人的な状態に合わさった細分化されたサービスを得られると思う。
薬剤師個人としては働く時間や仕事をする量に対しての重圧も少ないといえるのです。
ただ、例外的な医院の付近の調剤をする薬局の場合毎日取り扱う調剤の種類は限られますので、自分の薬剤師である経験面ではそこまで自分のためになりえる事は多くないといえると思います。

お薬業務はそんなに朝早くは無いのですが、いつも出勤までの間に、朝起きてから出かけるまで、ずっとテレビをつけて準備をする「ながら準備」をしています。
その日の天気予報や気温はやはりお薬のお仕事にも影響しますから・・・。

朝はよくフジテレビの「めざましテレビ」をつけています。
(あえて見ているとは書きませんが・・・)
その「めざましテレビ」が4月にリニューアルするそうですね!
どんな感じになるのかな?
出演者も多くが変わるみたいですね~。
この番組開始からパーソナリティーを務めていたフリーアナウンサー大塚範一さんが休養中だったのですが、病気の治療が思わしくないために降板だそうです(涙)。
そのかわりに三宅アナウンサーがメインパーソナリティーに!
伊藤アナと皆藤さんも辞めるみたい。

どんな番組に生まれ変わるのかな?

私も生まれ変わるために転職でもしようかな...。
パートとかでいいんだよね~。
今、求人情報観てるんだけど、ドラッグストアの薬剤師求人って結構増えたよね??
薬剤師業界も変わったね。
今はドラッグストアが薬剤師の主流の働き場だね。

このアーカイブについて

このページには、なお2012年3月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはなお: 2012年2月です。

次のアーカイブはなお: 2012年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク