薬剤師になると言うことについての非常な意味

user-pic
0

僕にとって、薬剤師になるということは、非常に意味があることであった。20代の薬剤師の募集などを見てもいつも思っていた。そのことの決定的な要因はどこにあったのかということをしっかりと考える必要があったのだとも考えてしまうのである。そうやってそこから、考えられる問題点ということもしっかりと考慮するべきなのだとも思うのである。そうやって薬剤師として、僕らが考えなければならないことというものをもう一回しっかりと見直すと、なんとかその答えが見えてくるとも思うのである。そのことが僕に教えてくれる本当の意味というものもそこからわかってくるとしたら、薬剤師としての僕らの人生が持つ決定的な意味合いというものもしっかりとしてくるのだとも思うのである。薬剤師であるということと、薬剤師でないということの大きな違いというものをもう少し具体的に意識できるようになるには、もう少しの時間が必要かなと、ぼくはときにかんがえたりするのである。それが僕らの人生というものであるように思えるのである。それができれば、人生はもっとシンプルに簡単なものになってくるとも思うのである。それが何か積極的な意味を僕に持たせてくれるのならば、それに対しても、僕は何らかの積極的なステップを踏むつもりなのである。 

このことを僕はしっかりと訴えるべきだったのだということをしっかりと理解するということが最も必要なことなのだということを理解するためにどのくらいの時間が必要だったのかということを今でも問われているのだとも思うのである。そうやってそこから生まれてくるものの、僕らの考える必要があるものに関しては、自分が薬剤師であるということが最も敏感に感じてくるのだとも思うのである。それができるということに薬剤師としてのもっとも大きな違いがあるのだとしたら、それに気づくことができたということがもっとも大きな違いを生む要因となってくるのは、紛れもない事実だということになるのだとも思うのである。そうやってそこから生み出すべものの、決定的な価値というものを信じるときに、僕らの人生が生み出してくれる喜びというものの、決定的な価値というものがそこから生まれてくるのだとも思うのである。その少しづつの努力が結局、もっとも重要なものを生み出す力になるとしたら、それに対しての僕らの思いというものをしっかりと考える必要があるのだとも思うのだ。そのことに関するもっとも大きな哲学というものを僕はもう一度しっかりと考える必要があるのだとも思うのである。それを薬剤師としての誇りとして捉えることができたら、素晴らしいとも思うのである。 

このブログ記事について

このページは、なおが2017年12月19日 15:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「こねるのは大変ですが(汗)」です。

次のブログ記事は「今年も行ってきます!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク